※ギャグSSです。色々と設定をすっとばしてるのでただのアナザーストーリーとしてお楽しみください。
※この作品は先日ふらんき〜様で掲載されたSSとある程度同じ展開となっておりますので、既読の方はこちらよりお進みください。


「……なんでこんなことしてるんだろう」

 周りに誰も居ないとわかっていても、ついつい僕はひとりごちてしまった。
 でも仕方が無いと思う。
 何故ならば、僕は今野球部のロッカーに隠れているからだ。
 予め断っておくと、別に恭介たちとかくれんぼをしている訳ではない。
 こうなった理由は至極単純だった。



「やぁ少年。いい所で会った」
「あ、来ヶ谷さん」

 そう、つい5分ほど前、僕はたまたま中庭で来ヶ谷さんに会ったのだ。

「時に理樹君、今は暇かねいや暇だろう暇に違いないな」
「はい?」

 来ヶ谷さんの唐突な物言いに思わず聞き返してしまう。
 というか、なんだか凄く嫌な予感しかしない。

「いや実はだな、これからある場所に出向いてもらいたいんだ」  
「ある場所?」  
「うむ、私たちもよく知っている場所だ」  
「ちなみに……どこなの?」  
「部室だ」
 
なんだ部室か、と安堵する。
 
「一応大丈夫だけど、一体何なの?」  
「それは行ってのお楽しみだ。なに、楽しいひと時になるのは間違いないぞ」


 
「……で、いざ着てみたらテーブルの上に紙切れが置いてあって、『しばらくの間ロッカーに身を潜めていること』だもんなぁ」

 おまけにこれから部室で何が起こっても静かに見守っていること、という制限つき。
 律儀に書いてあることを守ってしまっている自分も自分なのだけど、来ヶ谷さんには来ヶ谷さんの考えがあるのだろう。
 というか、書いてあったことを守らなかった場合にどんなことになるかを想像しただけで怖かった。
 
「……って、あれは……」

 部室に誰か入ってきた。
 腰まで届く青くて長い髪が誰であるかを雄弁に物語っている。
 
「笹瀬川さん、今日は活動なしって連絡したのに」

 笹瀬川さんの登場に首を捻っていると、更に二木さんと朱鷺戸さんが入ってきた。
 何だか存在しちゃいけない人が居る気がするけど細かいことは気にしたら負けのような気がしたので考えないことにした。
 
「あなた方も呼ばれたんですの?」  
「えぇ。それも棗妹に呼ばれてね」  
「いったい何の用なのかしら」

 鈴が……呼んだ?
 なんで、とかどうして、とかもやもやしていると、噂の張本人が部室に現れた。
 
「よし、集まってるな」  
「一体全体何の用事なんですの?」  
「……私は貴方たちと違って忙しいのだけど」  
「あたしだって忙しいわよ!っていうかなんであたしたちが貴方に呼び出されなきゃいけないわけ?」

 女性たちは一斉に鈴に向かって言葉を放つ。
 ややもすれば気後れしそうなほど気の強い3人の女子生徒を前に、鈴はふてぶてしい態度を崩さなかった。
 こんなときに不謹慎だけど本当に成長したなぁ。
 
「それは簡単な話だ」

 鈴は腕を組み、まるで三人を見下すかのような不遜な態度で答えた。
 
「お前ら、あたしとキャラが被ってるんだ」








  リトルバスターズ!EX 2次創作SS
  彼女たちの見解 原案:しま/神主あんぱん/りきお/NELUO 作:NELUO









 
(えぇーーーーーーーーっ!?)

 思わず漏れそうになった声を慌てて両手でふさぐ。
 今の僕は隠れている身であるからして、居ることがバレるのはとてもよろしくない。
 
「いきなり何を訳のわからないことを言ってるんですの貴方は!!」  
「そうよ、大体あたしとキャラが被るとかどこらへんが被ってるのか教えて欲しいわ!」

 笹瀬川さんと朱鷺戸さんが反論を試みる。
 というか、僕も気になるんだけど、笹瀬川さんたちと鈴ってどのあたりでキャラが被るんだろうか。
 
「お前らはアレだ。全員ツンデレとかいうやつだ」  
「んなっ……」  
「べ、別にツンデレなんかじゃないわよ!!」  
「……ツン……デレ……」

 ツンデレ、という単語に3人は敏感に反応する。
 僕の(恭介による)知識によると、ツンデレっていうのは普段はつんけんした態度だけどいざとなるとすごくデレデレする人のことらしい。
 ……身に覚えが無い筈なのにすごく当て嵌まってる気がするのはなんでだろう。
 
「で、あたしもツンデレらしい。ということはキャラが被るということだ。だからお前らはキャラを変えろ」
 
(えぇーーーーーーーーーー!?)

 またも大声を出しそうになるのを必死でこらえる。
 それにしてもこの鈴、暴君である。
 というか、鈴ってツンデレなんだろうか。
 
「な、何を言ってますの!?大体、私がツンデレだとか一体全体何処を見てそう仰るのかしら!?」  
「そうよ!あたしだってそのツンドr……ツンデレとかいうのとは違うわ!!」  
「あたしはよく解らん。が、くるがやがそーいってた。あとツンドラってなんだ」

 鈴……授業はちゃんと受けようね。
 ちなみにツンドラって言うのは永久凍土とかがある氷原地帯のことだよ。
 
「あぁもううるさいわねそうよ言い間違えたわよ。おかしいでしょ。滑稽でしょ。笑いなさいよ。笑えばいいじゃない。あーっはっはっはっは!!!」  
「あーっはっはっはっは」  
「笑うなああああああああああ!!!」  
「な、なんだ!わがままだなお前!!」

 本人が望んだとおりに笑ったはずだったのに鈴は怒られてしまった。
 今回に関してはすごく同意するよ、鈴。
 というか朱鷺戸さんがすごく不憫で仕方ない。
 確か彼女はクラスではすごく大人びて人気がある人だったはずなのに。
 理想と現実すごく違うから夢から醒めなさいってところだろうか。
 
「待ちなさい、棗鈴」  
「む」

 収拾がつかなくなるかと思い始めたタイミングで、今まで口を閉ざしていた二木さんが鈴に言葉を投げかける。
 
「一つ非常に気になるのだけど」  
「ほう、それはなんだ」  
「私たちがキャラを変えたとして……唯一のツンデレとなった貴女はいったい何をするのかしら」  
「え」  
「あ」

 二木さんの言葉に、笹瀬川さんと朱鷺戸さんがはっとした表情になる。
 というか、考えてみればたしかにおかしい。
 今までだって別に問題があった訳じゃない。
 仮に本当に4人のキャラが被っていたとしても大きな問題は別に無いはずだ。

「…………」
「…………」
「…………」
「…………」

 無い、はず、なんだけど……。
 なんでこの4人の間にはこんなに緊張感が漂っているのだろうか。

 「そんなの、決まってる」

 緊迫した空気の中で、鈴が静かに口を開く。
 その時、僕は思わず耳を疑った。

「……あたしもキャラを変える。これで皆平等だ。よし、解決したな。じゃ、そういうことで」
「「「嘘だっっっっっっ!!!!!」」」
 
 鈴の苦しい言い逃れに、三人が脊髄反射的速度で足並み揃えて反応した。

「嘘おっしゃい! 絶対嘘でしょうそれ!」
「嘘だ嘘だあたしにだってわかるそれは嘘だ!」
「人を騙すならもう少し頭を使ってくれないと、逆にこっちが疲れるわね」
「うう……なぜわかったんだ……」

 うん、鈴、さすがの僕も今のはないなって思ったよ。
 どうせなら”僕にアピールするのに不利だから”とかなんかそんな風に言って欲しかったな。
 ああ、さすがに自惚れすぎかなそれは、はははっ。

「仕方ない、本当のことを言ってやろう。同じキャラだったら理樹にアピールするのに不利だからだ!!」

 ほんとに言ったー!?

「何ですのその唯我独尊理論はっ!」
「べ、別に理樹くんのことなんてどうだっていいけど、それはずるいじゃない!」

 僕のことどうでもいいという割りにどうして朱鷺戸さんはあんなに怒ってるんだろう……。
 にしても、鈴が僕にアピール?
 僕のことをそんな風に見てくれてたなんて、なんだか嬉しいような、恥ずかしいような、むず痒いような、不思議な感じだ。
 と、一人傍観していた二木さんが前髪を軽くいじりながら、

「ところで……私たちがそうかは別として、直枝はツンデレが好きなの?」

 冷静にそう疑問を口にした。
 うん、それは僕も言いたかった。
 僕ってツンデレ好きなの?

「知らん。ただ恭介の持ってた漫画に『ツンデレ最高!』と書いてあっただけだ」
「それは棗先輩の趣味では?」

 はあ、と呆れたようなため息を佳奈多さんがつくと、他の二人も同調するように続く。

「あなた実の兄とフラグでも立てるつもりですの?」
「もう『新ジャンル:鈴×恭介』とでも言ってれば?」
「なっ……そんなわけあるかっ! きしょいこと想像させるな、ふかーっ!」

 笹瀬川さんと朱鷺戸さんが冗談混じりにそういうと、ゼロコンマ一秒で鈴が思いっきり否定していた。
 哀れ恭介。

「あら、いいじゃありませんの、禁断の恋……許されないからこそ燃え上がる、というではありませんか」
「おまえ、そういう趣味があるのか……へんたいだな」
「ちがいますわよっ!」
「ねえ、それよりも」

 笹瀬川さんと鈴がいつものように臨戦体勢に入ったところで、二木さんが口を挟む。
 なんだ、邪魔するなという二人の視線を涼しい顔で受け流すと、彼女はやおら意地悪げな微笑を浮かべ、

「直枝が本当にツンデレが好きかどうか、そうでないならどんな子が好みなのか……興味ない?」

 そんなとんでもないことを言い出した。

(ええええええええええええええええええ!?)

 再び口を手のひらで覆ってなんとか声を出さないように堪える。
 今のは正直危なかった……。
 それはともかく、何だか話の雲行きが(僕にとって)だんだん怪しくなってきたぞ……。

「……確かに、興味ありますわね」
「べ、別に理樹くんのことなんてどうだっていいけど、情報はそろえておいたほうがいいしね!」
「理樹の好みか……そういえば知らないな。あいつ、あんまりそういう話しないからな。周りにいるのは暑苦しい馬鹿たちばっかりだし」

 いや、僕自ら女の子の好みを語りだすようなキャラじゃないから。
 ……女の子に興味がないということはないけどね。

「といいますか、10年近い付き合いがあるのに未だにお友達の壁を越えられてないなんて、もう完全に脈なしじゃありませんの?」
「うっさいわぼけー! これから巻き返すんだっ!」

 再び頭が沸騰し始めた鈴と笹瀬川さんをどうどうと押し留めると、二木さんは鈴と向き合い、

「電話だと話しにくいでしょうから、ちょっとメールで聞いてみたら?」
「ん」

 軽く頷くと、鈴は制服のポケットから携帯を取り出し、かちゃかちゃと操作し始める。
 それを沈黙したまま見守りつづける三人(と僕)
 なんていうか、嫌な静けさだ……。
 あっ、そういえばこれから鈴が僕にメール送ってくるならマナーモードにしておかないと!
 ロッカーに隠れてて動きにくかったけれど、なんとか携帯を取り出す。

(あ、学校では基本的にマナーモードにしてたんだった……)

 画面を見てほっとしたのも束の間、手元の携帯がぶるぶると震えだした。
 音が漏れないよう両手で包み込んで、着信が終わるまでじっとしている。
 幸い向こうの耳には届かなかったらしく、4人とも鈴の携帯に釘付けのまま突っ立っていた。
 慎重に慎重を期して折畳式の携帯を音が出ないように開け、メールの中身を確認してみることにした。

『From:鈴』
『件名:おい(∵)』
『本文:お前ツンデレ好きか? それとお前の女の好みを教えろ(∵)』

 いくらなんでもストレートすぎる!?
 どうしよう、これじゃ誤魔化そうにも誤魔化せそうにないぞ……。
 迷った挙句、『いやツンデレとかよくわかんないけど。どうしたの、急に?』とだけ返すことにした。

 ……送信完了。
 ほぼ同時に、鈴の携帯からバイブ音が鳴り響く。
 
「あ、戻ってきましたわっ!」
「はやくはやくっ!」
「うっさい、あせらすなっ、手元が狂うわぼけっ!」

 4人が食い入るように鈴の携帯の画面を覗き込む。
 と、すぐに興ざめしたように鈴以外の三人が顔を話し、声をそろえて、

「あなた、何て送りましたの?」
「ねえ、なんて送ったの?」
「まさかとは思うけど……」

 三人の訝しげな視線に、鈴は平然として答える。

「『お前ツンデレ好きか? それとお前の女の好みを教えろ』」
「ストレートすぎますわっ!!」
「デリカシーないあたしにだってわかるっ! それはデリカシーなさすぎっ! って自分でデリカシーないとか貶めてどうすんのよあたしはもう皆笑ったらいいじゃないのあーっはっはっは!」
「……馬鹿?」

 三者三様の批判に、鈴は気分を害したように顔をそむける。

「あたしはいつもこんな感じだ」
「あなたがたがお友達の壁を今まで越えてこなかった理由がはっきりとわかりましたわ……」
「ふかーっ!」
「とりあえず、先に進まないから現状喧嘩禁止」

 そういって二木さんが再び二人の頭をぐいっと押しやって距離を離す。
 ……あの二人をいとも容易くあしらうとは。
 あの人、かなりできると見た。

 鈴が再び携帯を持ち出してかちかち操作し始める。
 と思うまもなく、僕の手の中で再び携帯が震えだした。
 どれどれ、少しはオブラートに包んだ物の尋ね方をしてくるかなとメールを開いてみると、

『From:鈴』
『件名:いや(∴)』
『本文:別にどうもしないが、とりあえず教えろ(∴)』

 まったく成長していなかった!
 しかも内心動揺してるのか、いつもの顔文字が∵(なぜならば)じゃなくて∴(故に)になってるし。

 それはそれとして、もうこれ以上は逃げ切れそうにない。
 観念した僕は、何とかそれらしい答えを導き出そうと頭を悩ませ始める。

 うーん、女の子の好みか……これといって確固たるものがあるわけじゃないんだよね。
 そもそも恋と呼べるほどの恋なんて今まであったかな……。
 過去を振り返ってみても、思い出すのは恭介に鈴、謙吾に真人と5人で遊んだ記憶だけだ。
 いつだって、どこだってずっと一緒だった。
 誰かと恋するよりも、彼らと一緒に遊んでいたほうが僕は楽しいんだと思う。
 
 いつかは僕も恋に落ちるのかもしれない、でも今は、上手く考えられない。
 それが僕の出した結論だった。
 が、それであの4人が納得してくれるとも思えない。
 仕方なく僕は身近な女の子たちの姿を思い浮かべ、彼女たちのいいところを一つずつ抽出することで理想の女の子像を思い描くことにした。

@小毬さんのいいところ→何にでもポジティブなところ
A来ヶ谷さんのいいところ→いざという時にものすごく頼りになるところ
B葉留佳さんのいいところ→特になし
Cクドのいいところ→何にでも一生懸命なところ
D西園さんのいいところ→博識なところ

 こんなところかな。
 目の前にいる四人については、なんだか照れくさいしパスさせてもらおう。
 えーと、これらの要素を全部合わせると、

『何にでもポジティブで一生懸命で、おまけに博識で、いざというときにはものすごく頼りになる女の子』

 こんな感じになるのかな。
 何か少し足りない気がするけどこれでいいや。
 ……送信完了。
 すぐに向こうのほうで鈴の携帯がメールを受信する音が聞こえた。

「あっ、返信きましたわよっ!」
「ねえねえどんなだった!? いや別に興味はないんだけど、一応ね。」
「だからくっつくな!」
「えーと何々……」

「「「「何にでもポジティブで一生懸命で、おまけに博識で、いざというときにはものすごく頼りになる女の子」」」」

 4人声を揃えて僕のメールを読み上げる。
 なんていうか、うわぁ……ものすごく恥ずかしい気がするよこれ……。

「何このとりあえず身近な女の子思い浮かべて、一人一人のいいところを抽出して寄せ集めてみましたって感じの女の子像は」

 めちゃくちゃばれてるし!?

「こんなんでわたくしたちを誤魔化せるとでも思っているのかしら」

 すいません、めちゃくちゃどうにかなると思ってました。

「んーと、あたしが思うに、ポジティブが神北さんで一生懸命が能美さん、博識が西園さんで頼りになるが来ヶ谷さんてところかな」
 
 朱鷺戸さん、君ってすごかったんだね! 大正解だよ、おめでとう!

「あれ、はるかがいないぞ」
「葉留佳だしね」
「三枝さんだしね」
「三枝さんじゃ仕方ありませんわ」
「それもそうか」

 葉留佳さん……なんか皆の評価滅茶苦茶低いんだね……。
 いや元々は僕のせいなのかこれ。

「とりあえず、一つだけわかったことがあるわね」
「? 何ですの、それは?」

 二木さんの発言に、笹瀬川さんがきょとんとした顔でそう訊ね返す。
 鈴も朱鷺戸さんもわからないようで、言葉にはしないものの二木さんの言葉を待っている。

「直枝、この会話聞いてるわよ」

(ぶっっっっっっ!!!!)

 二木さんの爆弾発言に、今度の今度こそ噴出しそうになった。
 今なんて言ったんだあの人は!?

「ど、どういうことですのっ!?」
「簡単よ。これ、あからさまに私たち4人のこと避けて書いてるじゃない。ということは、私たち4人が共謀して直枝にあんなメール送ったってこと、知ってるってことじゃない?」
「あ……っ!」
「たしかに、不自然ですわね……」

 4人の視線がきょろきょろと部室内を彷徨う。
 どどどどどどうしよう!?
 この部屋には隠れるところなんてあんまりないから、僕がこのロッカーにいることはすぐにばれてしまうかもしれない!
 そうだ、僕をここに押し込んだ来ヶ谷さんになんとか連絡をとって……ってメール?
 っ!?
 来ヶ谷さんだ!
 さすが頼りになるっ!
 
 頭の中に思い描いた来ヶ谷さんに向けて、おお神よ、と手を合わせながら早速メールを開く。

『From:来ヶ谷さん』
『件名:はっはっは』
『本文:そろそろ賢明な佳奈多君が感づいた頃かね。まあドMな理樹君好みのシチュエーションになってることだろうし、ゆっくり愉しんでいってくれ』

 期待した僕が馬鹿でした。
 忘れてた……あの人、僕がうろたえたりするのを見て喜ぶタイプだったんだ……。
 ああもう、後で絶対ゆいちゃん攻撃してやるっ!

 と、そんなことを考えていると、目の前に人の気配がした。
 携帯から目を外し、見ると、4対の眼差しがまっすぐに僕を射抜いている。

 一気に血の気が引いていく。
 多分今鏡で自分の顔を見たら、蒼白になってることだろう。

 彼女らは一様に笑顔だった。
 不自然なまでに、どこまでも、どこまでも、花が咲いたような笑みだった。

 僕はゆっくりとロッカーの扉を開け、外に出ると、居住まいを正し、彼女らに負けず劣らずの満面の笑みを作り、しゅたっと手を挙げて挨拶をした。

「やあっ! 奇遇だね、こんなところで何して――」















「うわあああああぁぁぁぁぁああああああぁぁぁぁぁぁああああああああぁぁぁぁぁぁ!?」















 もう、絶対に来ヶ谷さんの甘言には惑わされないと、心から誓ったのだった。

 余談だが、この事件の後、鈴と二木さんと笹瀬川さんと朱鷺戸さんは連れ立ってファミレスで僕の愚痴を垂れ流しまくり、結果としてものすごく仲良しになったらしい。

 めでたし、めでたし。



「「「「んなわけあるかっ!!!」」」」

  

<了>

  


面白かったらぜひっ

あとがき

〜メッセにて〜

S氏:ねるおさん
俺:はい?
S氏:というわけだから、ねるおさんも書いてね
俺:は?
S氏:他の(原案者の)二人も書くって。あ、リンク張ってるから逃げられないよ?
俺:えええええええええええええええええ!?


 *少し会話の内容に差異がありますが実話です。


 というわけで唐突に俺も書くことになった(しかも連休中に完成させてね!と二日前ぐらいに言われて)このSS、どうでしたでしょうか。元々はタイトルのところにも書かれてありますように、超有名なK氏、同じくR氏、そしてコミケ75で同人誌絶好調だったS氏と何故か超マイナーな俺の四人が原案者となった作品『彼女たちの見解』(タイトルはS氏による)なわけですが、これ俺が書くって話まじで何もなかったのに唐突に来ました。まじ寝耳に水でした。正直に言ってディスプレイの前で飲んでた水を噴出しそうになりました。ちょうどRodmateさんのところで開催された「めりー・くりとばす!」というSS祭りへの寄稿が終わった直後で、「しばらくまったりするかー」などと考えていた矢先のことだったので、冗談抜きで、

な、なんだってー!

 と叫びそうになりました。

S氏:途中のところから展開変えてね
俺:がんばってはみますけど俺筆遅いから期待はしないでくださいね

 とまあ逃げ口上など打ってみたものの、やはりほんの多少なりとも関わった人間(ほんとにちょびっとです、俺ほとんど何も発言してないし。ただ佳奈多出しましょうと言っただけ)としては完成させなければってわけでなんとか書き終えました。

 なんだろう、こういう作品書くのはものすごく久しぶりでした。もう最近はずっと壊れか超シリアスしか書いてなかったので、こういう普通のギャグというか、そういうの書くの本当に久しぶりだったんです。ああ、まだ俺こういうギャグも書けたんだなあなんて遠い目をしてみたりしながら、今このあとがきとか書いてます。ギャグならば、ということでADV形式っぽく短文で区切って、速さというかノリのよさを重視して書いてみたつもりなんですが、果たして上手くいったかどうか。
 ご感想、ご意見などいただければ幸いです。それではご閲覧ありがとうございました。

戻る

inserted by FC2 system